YUPPON

ぼくが日頃思っていること フィリピンのビザ

・ぼくが感じたことを気ままに書いています。もし、気に障ったら、ごめんなさい。peko!
・時々、気が向いたら更新しています。悪しからず。peko peko!!

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

フィリピンでの婚姻ビザ1
2013/01/27

フィリピン人の配偶者と一緒に入国すると、国際空港のイミグレーションで、一年間のビザを取得できます。
ただしこれは、一度出国するとその時点で、無効になります。

それで、仕事もできる、婚姻ビザ(フィリピンのビザ種別13A)をエージェントに頼んで取得しました。

その時必要だったものです。


●申請書2通(エージェントにあり、本人及び、配偶者のパスポートと同じ署名が必要)

●フィリピン配偶者の、NSOのスタンプのある出生証明書

●NSOのスタンプのある、フィリピンでの婚姻証明書

●本人及び、フィリピン配偶者のパスポート

●資産の証明として、本人名義か、配偶者名義の、銀行口座の残高証明書、銀行ですぐに発行してくれる
(額が少ないとよくないので、$20,000以上預金しておくとよい、ペソもしくはドルアカウント、180万円以上)★たぶんこれが最重要★

●申請写真(2×2インチ2枚)

●費用45,000ペソをエージェントに払う(ID発行料もすべて含む)

●初回の仮ビザの取得後、11ヶ月後に再申請が必要。
ここで、永住ビザが取得できる。またこのときにも費用45,000ペソをエージェントに払う必要あり。


婚姻ビザ2
2013/01/27

当日イミグレーションで

イミグレーションはマニラのインストラムロスの北東、パッシング川沿いにあります。
朝8時に到着、近くのジョリビーで朝飯。

●8時40分イミグレーションの前で、エージェントから聞いていた、助っ人に電話をする。
中から、若い青年が出てきて、イミグレーションの中へ...

●3階で40分ほど待つ。待合の場所からパッシング川がよく見える
また、1階へ戻って写真を撮る(200ペソ払う)

●そのあと1階で、IDの申請を行う
ID用のデジタル写真を撮る、正面と、左の顔写真、デジタルペンで名前を自筆、僕は漢字を使用。(外人には真似ができない)

次に、右の指のから全部の指紋をとる、これが、真っ黒い、オイルのようなもので、ティシュを用意しないと、ひどい目にあう。石鹸で洗っても簡単には落ちない。

●再び3階へ、
30分ほど待って、弁護士との面談、弁護士といっても、イミグレーションの役人で、ここに自分の事務所を持っている。

●本人確認をする、
英語が話せるかと聞かれるので、少しと答える。
なに人かと聞かれ、日本人と答える。
弁護士は書類をパラパラと見ている
突然ゴルフするかと聞かれる。
しないと答えると、ゴルフを一緒にするなら、今日、婚姻ビザのスタンプを押してあげたのにと...

あと、書類をチラッと見て、問題なし...
面談は5分ほど、まったくあっけなかった。

●あとは、約一ヶ月後に婚姻仮ビザが発給される。


ビザ3
2013/03/01

無事13aの仮ビザ取得。

婚姻仮ビザ発給の11か月後、永住ビザへの書き換えが必要。

2013年度より、無犯罪証明書の取得が厳格化されて、日本及びフィリピンでの取得が必要。

無犯罪証明書の取得には、その4ヶ月ほど前から準備しないと間に合わないと、エージェントから連絡有り。

IDの写真は正面、左前から撮影しますが、はなぜか左前から撮ったのが使われている。

これで、いつ外国に出かけても、問題なくフィリピンに帰って来れます。

めでたしめでたし。



出国
2013/06/12

出国時に再入国手続きをしないと、フィリピンにもどってきても、婚姻ビザでの長期滞在はできません。

マニラのニノイアキノ空港、第一ターミナルでの、手続き方法です。

1)航空会社のカウンターで搭乗券を取得します。

2)搭乗券を持って、フィリピン人がTAXを払う、同じカウンターに行き、TAX1,780ペソ払います。

3)イミグレーションに入ると右側に、再入国ビザ取得の窓口があり、ここで2,880ペソ払うと、領収書をくれます。

4)イミグレーションカウンターのNo.1(指定があります)で、この領収書とパスポートなど必要書類を提出すると、パスポートと同じスタンプを、この領収書にも押してくれます。

5)帰国時に、パスポートと、この領収書を提示すれば、再入国手続き完了です。


ほかのターミナル、空港でも、イミグレーションカウンターの中に、再入国ビザ取得のための窓口あると思います、探してみてください。

請け負います
2014/04/21

結婚ビザ、13Aの申請、取得を請け負います。

それも格安で、です。

ただし、このページの”フィリピンでの婚姻ビザ1”に書いてある書類などが、問題なく準備できる方限定です。

エージェントでは、45000ペソでしたが、35000ペソで請け負います。

書類さえ準備できれば、自分でも申請できますが、何度かイミグレーションに行く必要がありますが、それを一度で済ませることが出来ます。

書類を全部そろえていただいて、OKなら、3万5千ペソ、お払いください。

フォームからご連絡ください。


menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -